Skip to content Skip to navigation menu

text.product.summary.retailPricetext.product.summary.separator¥4,790

  2018

クロ デ カプサンの区画から造られる、スパイシーで豊かなコクのあるワイン
text.product.summary.code DLWBS18
text.product.summary.originalName
text.product.summary.vintage 2018
text.product.summary.countryOfOrigin フランス
text.product.summary.producingArea アルザス
text.product.summary.region アルザス
text.product.summary.appellation AOP
text.product.summary.producer
text.product.summary.color
text.product.summary.volume 750text.product.summary.volume.unit
text.product.summary.quantityPerCase 12
text.product.summary.janCode 4580018619648
text.product.summary.primaryGrapeVariety ピノ グリ 100%
text.product.summary.taste 辛口
text.product.summary.alcoholPercentage 13.5text.product.summary.percent
text.product.summary.wineTypeName スティルワイン

text.product.summary.certificationName デメテール、エコセール text.product.summary.farmingMethod ビオディナミtext.product.summary.farmingMethods.delimiterビオロジック
text.product.summary.showLabel text.product.summary.stopperType コルク
text.product.summary.suitableTemperature 6°C〜12°C

 
1612年にアルザス地方カイゼルスベルグ地区にカプチン派の修道僧達によって創立。「ワインの小川(Bach) 」という意味の名前を持つドメーヌ。
ドメーヌを取り囲むクロ デ カプサンの花崗岩を母土に砂が表面を覆う地質に栽培されるブドウを用いて造られます。
ナシやリンゴの繊細な香りに、バターやスモークのニュアンス。ふくよかな果実味と酸のバランスがよく、スパイシーで豊かなコクのあるワインです。
text.product.summary.vintageInfo
春は暖かく、十分な日照量と適度な雨が降り、発芽、開花が早く進みました。6-8月にかけては暑く、降雨が極端に少なく、ブドウ樹の成長も順調に進行。通常通り収量制限の剪定を行ったにも関わらず、ブドウ果は急速に成長し続けた為、雹のシーズンが理論的に終わった7月中旬にほぼ全ての区画でグリーンハーベストを実施。しかしその2週間後に雹の嵐がカイゼルスベルクの谷を襲った。ドメーヌが所有するシュロスベルグ区画は幸運にも被害は少なかったが、区画によっては最大30-40%の被害を受けた。しかしこの嵐の雨のおかげで過度な水不足のストレスを避けることができた。9/5にアルテンブルグとシュロスベルグのピノノワールから収穫を開始。ミュスカ、ピノ ブラン、オーセロワと続き、9/17にピノ グリが終了。完全な成熟を待ってゲヴェルツトラミネールは9/25-27、リースリングは9/28から行い、10/6クロ デ カプサン キュヴェ テオのリースリングで収穫は終了。雹で傷ついた実の選果に多くの時間を費やしましたが病気も少なく、よい天候のもと健全なブドウが収穫できた。2018VINは、複雑味と構成力があり、力強くも繊細で見事な長い余韻を兼ね備えた素晴らしい出来栄え。
text.product.producerInfo.open    
text.product.producerInfo.close    
 
text.producer.summary.producerName DOMAINE WEINBACH
text.producer.summary.headquarters アルザス カイゼルスベルグ
text.producer.summary.point
  • 1612年カプチン派修道僧により設立され、1898年にファレール家が取得。現在は3代目のカトリーヌとその息子達が担っています。
  • ドメーヌ名は「ワインの小川(Bach)」を意味し、最も有名なグランクリュ、シュロスベルグの最大所有者
  • ナチュラルな果実味と繊細な味わいの凛とした、華やかで芯のある美しいワイン。
text.producer.summary.description 1612年にカプチン派修道僧により設立された歴史あるドメーヌで、1898年にファレール家の所有となりました。2代目にあたるテオ ファレールが亡くなった後、コレット夫人とその娘のカトリーヌとローランスが引き継ぎました。現在は長女のカトリーヌと息子のエディーとテオの3人でドメーヌを運営しています。1998年から一部ビオディナミを導入し、2005年から全面実施しています。
text.producer.summary.wineryUrl http://www.domaineweinbach.com/japonais
text.producer.summary.foundedYear 1612text.producer.summary.year
text.producer.summary.vineyardArea シュロスベルグ / フュルステンテュム / マンブール / クロ デ カプサン / アルテンブルグ / マルクライン
text.producer.summary.awards ベタンヌ+ドゥソーヴ 2020 5つ星
ル ギード デ メイユール ヴァン ド フランス 2020 3つ星